白髪の原因(生活習慣)|白髪リサーチバンク

白髪の原因(生活習慣)

食事の習慣

普段の食事の習慣は白髪の発生と関係があります。(食事の習慣は白髪発生だけでなく、全ての健康の基礎です。)白髪の発生に影響を与える食べ物として、@脂っこい食べ物、A味の濃い食べ物、B体を冷やす食べ物です。

脂っこい食事@脂っこい食べ物を過剰に摂取すると、悪玉コレステロールが増え、体全体の血液の流れが悪くなります。体全体の血液の流れが悪くなると、もちろん頭皮への血流も悪くなってしまいます。さらに、頭皮の毛穴から余分な脂が分泌されますが、脂っこい食べ物が過剰だと、その量も多くなります。そうすると、酸化された脂によって頭皮の炎症が起こりやすくなります。

A味の濃い食べ物の中で、塩辛い食べ物を摂り過ぎると、腎臓に負担がかかり、髪の発育に悪影響を及ぼします。辛い物を摂り過ぎると、肺の気化作用を弱らせます。

B体を冷やす食べ物を過剰に摂取すると、臓器の働きを鈍くし、さらには血液・リンパ液の流れが悪くなります。


睡眠

睡眠睡眠が不十分であったり、不規則であったりすると、髪の発育に関係する成長ホルモンのバランスが崩れてしまいます。夜の10時から深夜2時ごろまでが、副交感神経が優位になり、最も成長ホルモンが分泌されます。夜の10時に就寝するのは少し早いかもしれませんが、11時頃には就寝したいものです。


ストレス

ストレス「ストレスで一夜にして白髪になってしまった。」と言う噂話があります。この話の真意は定かではありませんが、ストレスによってが白髪は促進されます。ストレスを過剰に受けると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスより成り立っていますが、睡眠時やリラックス時には副交感神経が優位になり、成長ホルモンが分泌されます。またストレスにより何らかの要因で、メラノサイトやMITF遺伝子の活動が抑制されるという報告もあります。






運動不足

運動不足により体全体の血液の流れが悪くなります。また運動不足で無くとも、肩コリと同じで頭皮のコリで、頭皮の血液の流れが悪い状態も白髪に良くありません。


ヘアカラー・白髪染め

ヘアカラー白髪染めやヘアカラーの使用するのも、実は白髪を促進してしまいます。白髪染めやヘアカラーの薬液は刺激が強く、頭皮や髪にダメージを与えてしまうからです。白髪を改善するための白髪染めが、白髪を促進するのは皮肉な事ですが、白くなってしまった髪を黒色に改善するのでなく、今後生えてくる髪が白くならないよう予防することに重点おきましょう。


 
Copyright (C) 白髪リサーチバンク. All Rights Reserved.